ホーム  >  ダンハウスの建築

 

ダンハウスでは、建築も請け負っております。

 

“お客様の願いを形に”

それがダンハウスの建築モットーです。

 

「こんな家にしたいんだけど…。」

「2階はこういう間取りで!」

そんなお客様のご希望をお聞かせください。

 

見積もりだけでも構いません。

モデルハウスはいつでもご覧いただけます。

 

「普通、ここはどんな風にするの?」

「間取りの見本はありますか?」

はい、当社にはたくさんの間取り見本がございます。

ご参考にぜひどうぞ!

 

ダンハウスの建築例:土塔町A号地

 

ここでは、基礎の工程をご紹介いたします。


1:着工前

着工前の更地です。この場所に建物が作られていきます。

まずは地盤調査を行います。

1:着工前

  

  

  

  

  

.

.

.

.

.

 


2:掘削作業2:掘削

油圧ショベル(ユンボ)で掘り起こし、 地盤を掘り下げて平らにします。

これは次の砕石転圧作業のための準備とも言える作業です。

部分的に高さを変える場合もあります。(建物部分を少し上げる、など)

.

.

.

.

.

.

 


3:砕石転圧

3:砕石転圧基礎工事で使う砕石は、山から取れる岩盤を崩した石を使用するのが一般的です。

掘削工事が終わったら、基礎の内部に砕石を敷き、基礎が沈まないよう十分に転圧して固めます。

これによって、住宅の基礎に必要な地耐力が出るので、とても重要な作業です。

元々の地盤が強くても弱くても、この作業は必ず行います。

※土壌改良している土地は、この作業が必要無い場合がございます

 

・砕石工事完了後のチェック作業

下の土が見えているところがないか、柔らかいところがないか、キチンと固められているか、

熟練の職人が実際に歩いて、チェックしています。

.

.

.

.

.

.

.


4:捨てコンクリート

4:捨てコンクリート

捨てコンは“捨てる生コン”という意味です。

建物の強度を出す目的ではなく、正確に施工するための補助的工事です。

 

砕石の上に、まずはシロアリ防除処理(土壌処理)を行います。

その後、主に外周部に型枠を入れ、生コンクリートを流し込みます。

 

型枠固定や鉄筋の配置など、より正確にするために、

捨てコンやベースの上に墨壷と呼ばれる道具などを使って印を付けます。

その作業を“墨出し”といいます。

 

正確に施工するならば、この捨てコンを打つ作業が必須なのです。

設計図を描くためのキャンバス作りのようなものですね。

 

防湿シート

そして、防湿シートを敷き、地面から上がる湿気が住宅に上がるのを防ぎます。

湿気は木造住宅には大敵。早く傷む原因になりますので、これも大事な作業です。

.  

. 

 

.

.

.

.

.

 


5:外周部型枠・配筋

6:外周部配筋

捨てコンの上に付けられた印(墨)に沿って、建物の外周部に上下止め金具を打ち、
型枠を組み上げ、それを木杭などを使って固定します。

 

この作業によって、非常に強度のある基礎になります。

 

人通口補強

床下の点検用として、部分的に基礎の立ち上がり部に人が通れるように開口を設けます。

この人通口を補強するため、斜めに鉄筋を入れる作業を行います。

 

 

配筋完了全景

配筋完了です。

.  

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

.


6:ベース生コンクリート打ち込み

 ベース生コン打ち込み

鉄筋を組んだら、生コン(生コンクリート)を流し込みます。
厚さを15~20センチ程にして、レーザーレベルやトンボ、金ゴテなどを使って平らに仕上げます。
生コンを敷くことによって、建物の湿気防止になります。

.  

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

.


7:内部型枠組み・立ち上がり生コン打ち

生コン敷設完了

ベースの生コン敷設作業を完了した後、内部に作るのが立ち上がり基礎です。

柱の立つ場所など、建物の重さが掛かる場所に立ち上がり基礎が必要となります。

まず、立ち上がり基礎を作る部分に型枠を組みます。

ベタ基礎・布基礎とありますが、地盤に均一に負荷がかかる“ベタ基礎”が一般的です。

幅12~16センチ、高さ30~40センチくらいの型枠を組みます。

そして、生コンを流し込む前に、基礎と土台を連結するアンカーボルトを設置します。

生コンを流し込む際には空気や水を抜くために振動を加えて、締め固めます。

この作業をしっかりやらないと、中の水があった場所に空洞が出来てしまいます。

 

また、上の方には流動性の高いセメントを使うなどして、キレイに仕上げます。

この辺の丁寧さが肝心です。

生コン敷設の後は養生シートを敷いて、生コンを一定期間養生してやります。

気温や湿度によって変わってくるため、冬は長く、夏は短く養生期間(3日間~7日間)を取ります。

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

.


8:配管工事

型枠を外した後、上水道・下水道・雨水などの配管工事を行ないます。
玄関の土間、勝手口などの下を配管が通ります。 

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

 .

.


9:土間打ち

十分な養生期間を経て、立ち上がり基礎の型枠が取り外されます。

養生期間を十分に置かないと、生コンがひび割れる原因になったりします。

立ち上がり基礎の型枠を取り外した後、玄関・テラス・勝手口などのサイズに合わせ、
型枠を組んで生コンクリートを流し込みます。
これが基礎工事最後の工程です。

 

 

基礎完了

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

.


10:棟上げ(むねあげ)

この日は多くの職人さんが駆けつけ、一気に柱を組み立てていきます。

【上棟式】を行ったりもします。

棟上げ

上棟式は柱・梁・棟など、建物の主要構造が完成して、棟木を上げる時に行う式典です。

※棟木(むなぎ・むねき)=建物の一番高い位置にある部材

無事に棟上げできたことに対して喜び、感謝し、竣工後も建物が無事であるよう祈願するものです。

 

※地方によっては、施主様が屋根の上からおモチやお金を振舞ったりもします。(九州など)

※堺市内では職人さんに心付けを渡したり、お弁当などの料理を用意して下さる施主様が多いようです。

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

 . 

.


11:コンパネ下地工事

コンパネ下地工事

屋根の垂木部分に“コンパネ”という下地の板を張っていきます。
同じように壁などにもコンパネを張ります。


屋根のコンパネには緑色のルーフィングシートという防水シートを張ります。
これがスレート葺の下地になります。

※スレートとは・・・セメントを主にして成型した屋根の部材です。
瓦屋根に比べて薄くて軽いので、建物への負担が少なく、
また施工がしやすく、耐久性にも優れているため、昨今の屋根部材として広く使われています。

.

.

.

.

.

.


12:サッシ枠取り付け、シロアリ防除

サッシ

続いては窓のサッシ枠を取り付け、コンパネなどにシロアリ防除の薬を塗布していきます。

シロアリ防除の薬は透明で、1mほど塗ります。

屋内配線工事

電気配線工事と屋内配管工事を行います。

また、天井や壁や床に断熱材を入れて、家の断熱効果を高めます。

.

.

.

.

.

.

.


13:サイディング・パワーボード

防湿シート

壁材として、サイディングもしくはパワーボードを張るのですが、

その前に、結露を防ぎ建物の寿命をのばす透湿防水シートを張ります。

サイディング

サイディングを張ったところです。

玄関ドアは工事が完全に終了するまで養生しておきます。

もう外観はほぼ完成です。




                  .

ダンハウスの標準仕様

.

.

水まわりのこと、気になりますよね?

ダンハウスの標準装備はこちらです。

水まわりサムネイル

※クリックで拡大します。

.

.

.

.

おそうじラクラクなキッチン&バス!

食器洗い乾燥機も標準装備!

.

キッチンの色、シンクの色、お風呂の色もご自由にカスタマイズしていただけます。

.

.

.

.

.

他にもご希望あればドンドンご相談ください!

.

.

建築・解体・リフォーム、

なんでもまとめてダンハウス!

ご相談ください、家のコト!

ページトップへ